クリックで拡大  

本計画は、構造体を出来る限りいかし、四角いグリットで建物を構成することを考えたプロジェクトです。
計画地はまだ緑の残る住宅地の角に設けられた変形地の敷地です。

クライアントの要望の中の「グリットやキューブ」というキーワードを受け、グリッドで構成される構造体となる柱や梁などを化粧として出来る限り生かしつつ、建物自体も二つのキューブの組合わせで構成することを考えました。そして田園風景に溶け込むこのキューブ型の建物に東西に四角い抜け(開口部)を設けることで、家族の集まるリビングを風の抜ける豊かな半屋外空間へと生まれ変わらせました。

三田長の家

  • 一戸建て
  • モダン

2017年12月5日

プロジェクト
金額

坪単価

広さ

127 m²

エリア

滋賀県

完成時期:2017年10月

タグ

似たプロジェクトやスペースを探す