新たに中古物件を購入する場合と違い、長年住み続けてきた住居のリノベーションでは部屋の配置や動線など使い慣れて変更したくない部分と、常々問題を感じてきた部分とが共存しており、対処療法的な設計が不可欠です。そこで内装をスケルトン状態に戻して考え直すのではなく、先人が設計した従前の間取りを引き受けつつ更に発展させる、接ぎ木のようなリノベーションの形を模索しました。

更の家

  • マンション
  • ラグジュアリー
  • リビング/ダイニング

2017年1月18日

プロジェクト
金額

坪単価

広さ

110 m²

エリア

大阪府

完成時期:2016年11月

  • Pro 山本嘉寛
    戸建 / マンションリノベーション / 店舗事務所

タグ

似たプロジェクトやスペースを探す