クリックで拡大  

『窓の家』宇治の家
  本計画は、宇治市の宅地開発された分譲地の計画です。
  周囲は、築30年ほどの住宅が連なる成形された土地で建替えが進む地域です。
  
  
  
  
  外部から『内部のような外部』『外部のような内部』内部とそれぞれ入れ子状
  に計画した、同じように配置された分譲地の中で、いかにプライベートで守ら
れた空間を開放的で豊かな空間とするかとうことを考えた計画です。

窓の奥に植栽を植え、内部にも植栽を配置し、自然が徐々に内部へと溶け込んで
いくようなプランとし、壁に設けられた開口は、内部の窓と微妙にズラすことに
より、開放的だが、プライバシーもまもれる空間とした。

内部と外部をあいまいにすることにより、外部空間もプライベート空間に取り入れる
ことができる

建築物は、壁で内部空間と外部空間を分けないといけないが、壁をあいまいにする
ことで生活空間を拡張し、豊かな空間へと変化させる

宇治の家

  • 一戸建て
  • ラスティック

2016年4月26日

プロジェクト
金額

坪単価

広さ

125 m²

エリア

京都府

完成時期:2016年4月

  • Pro 水本純央
    戸建・店舗・マンション・事務所他

タグ

似たプロジェクトやスペースを探す